【できないとヤバい!?】PCタイピングスキル【仕事にも勉強にも必須スキル】

タイピングって最低限どれくらいの速さで打てられれば良いの?」

今回はこのような疑問について、目安となる情報を共有します。☺︎

 

 

こんにちは。

ヒゲ脱毛のレーザー照射を4回終えた辺りから、ヒゲ剃りが2、3日に1回になり、効果を実感し始めたサラリーマンのなかお(@nakao_fintime)です。☺︎

 

 

今回はPCキーボードの「タイピング(キーボード入力)」について、個人的に身に付けておきたい最低限レベルについて紹介します。

 

 

今の時代、学校でも仕事でもPCがほぼ必須の世の中になりました。

そんな、使用必須のPCを扱う上で必ず行うことがタイピングです。

 

 

効率良く勉強や仕事を行う上でタイピングが速いことに越したことはありません。

むしろ、タイピングが全然できないと、今後を生きていく上で非常に非効率になってしまうと僕は感じています。

 

 

僕自身は特別にタイピングが速いわけではありませんが、これまでの経験から、「最低限このレベルまではタイピングスキルを高めておきたい」と感じた程度について紹介します。☺︎

 

 

ブラインドタッチは大学生になるまでに取得

大学生になると、講義の課題や課外活動の中でPCをほぼ必須で使わなければいけない状況が訪れます。

商業高校や工業高校によっては高校からPCを必須で使うことすらあります。

 

 

2020年以降はコロナの影響によってIT化が進んでいるため、今までより更にPCを使いこなす必要があると思います。

 

 

そんな中で、個人的には大学生になるまでに「ブラインドタッチ」は身に付けておくことをオススメします。

ブラインドタッチとはキーボードを見ずにタイピングすることです。

 

 

大学以降はメールや課題で文書を作成する事や、プレゼン資料を作成する機会が急激に増えます。

かなりの長文も作成することもあれば、サークル活動の会議で議事録を取ることもあるかと思います。

 

 

このような状況下でブラインドタッチができず、タイピングの文書作成が手書きより遅いと非常に不都合です。

 

 

ブラインドタッチは1ヶ月もあれば習得可能

キーボードを見ずにタイピングするブラインドタッチですが、個人差はあるとは思いますが、1ヶ月もあれば最低限レベルは誰でも身に付けることができます。

現在、大学生や社会人でブラインドタッチができない人も、そこまで焦る必要はありません。

 

 

なぜなら、ある程度のレベルまではすぐに身に付けられるからです。☺︎

 

 

各キーをタッチする指は以下の図を参考に覚えて下さい。

出典:https://happylilac.net/sy-keyboard03.html

 

 

最初はところどころ見ながらでも良いので、なるべくブラインドで五十音順に文字入力する練習をして下さい。☺︎

 

 

また、最初から上記の図の全てのキー配列を覚える必要はありません。

 

 

WindowsのPCであれば、たとえば「Tab」「Shift」「Ctrl」のキーまではブラインドで打てなくても、使用頻度が低いので問題無いです。☺︎

※もちろん、ブラインドで打てることに越したことは無いです。

 

 

個人的にはアルファベットのキーの内「Q」「L」「X」「C」「V」も使用頻度が低いので、最初の内は省いても問題無いです。

また、数字キーも最初の内は省いても良いです。

 

 

ただし、「ー」「バックスペースキー」「エンターキー」「スペースキー」は使用頻度が高いため、最初からブラインドで打てるようにしておくことをオススメします。

 

 

よって、アルファベット21キー+5キーの合計26キーの場所をまず覚えて下さい。☺︎

 

 

タイピング速度は4.0回/秒以上

五十音がある程度ブラインドで打てるようになり始めましたらタイピングゲームの「寿司打」に挑戦してみて下さい。

ここで「10000円」コースで「4.0回/秒」以上の速さでタイピングできれば、僕の経験上、実用的なスキルが身に付いたと言えます。☺︎

 

 

難易度が「3000円」「5000円」「10000円」の3種類ありますが、まずは3000円コースから始めて、お寿司の皿が流れる前にある程度タイピングできるようになったら、どんどんレベルを上げていって下さい。

 

 

僕の経験上、タイピング速度が寿司打で「4.0回/秒」以上の記録が出せれば会議での議事録がギリギリ取れるようになり、文書作成速度においても実用レベルになります。

 

 

ご参考までに、僕が思うレベル感は以下です。

・4.0回/秒以上:実用レベル。大学入学までにこのレベルは達成したい。

・4.5回/秒以上:メールや文書作成がスムーズにできるようになるレベル。

・5.0回/秒以上:会議中の議事録が難無く取れるようになるレベル。

・5.5回/秒以上:理想レベル。会社でも文句なく業務をこなすことができるレベル。

・6.0回/秒以上:オタク。速いに越したことは無いが、これ以上の速度は特別な要求が無い限り不要。

 

 

ちなみにですが、僕が先ほどプレイした寿司打の結果は以下です。

 

 

毎日PCを使って仕事している割にはそこまで速くはありませんが、僕自身もオタクレベルを目指して毎日最低寿司打1プレイをしております。

 

 

毎日最低寿司打1プレイは継続ハードルも低く、タイピング速度を維持・向上させるのにかなり有効だと思っているので、既にある程度タイピングができる方にもオススメです。☺︎

 

 

最後に

今回は、勉強にも仕事にも必要不可欠なタイピングスキルについて紹介しました。

今回紹介した内容をまとめると、「大学生までに寿司打で4.0回/秒以上のレベルになる。」です。

 

 

既に大学生や社会人の方で上記のタイピングスキルに達していない方は、焦る必要はありませんが、たった今から寿司打で鍛えることをオススメします。☺︎

 

 

タイピングスキルは非常に汎用性の高いスキルなので、身に付けておいて損はないです。

 

 

勉強や仕事はもちろん、普段のちょっとした調べものや、ネットサーフィンをする時にでもタイピングスキルがあれば、かなり時短に繋がると思います。

 

 

コロナの影響で自宅での暇な時間が増えた方は、是非この機会に身に付けてみて下さい。☺︎

 

 

当ブログの記事を読んで下さり、ありがとうございます。

頑張って定期的にブログを更新していきますので、もしよかったらURLをブックマークして定期的に遊びに来てください!

 

 

また、以下のアカウントでも有益情報や、ブログを更新したお知らせを発信していますので、是非フォローして頂けると嬉しいです。☺︎

Twitter:@nakao_fintime

Instagram:@nakao_fintime

Facabook:なかおブログ

note:なかお

 

 

また、コメントや、SNSでのシェア、知人などに広めて頂けると励みになります。

もし、よろしければお願いします!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。☺︎

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]